セックスというのは、人間の営みの中で必ず必要、
と言うわけではありませんが、重要な行為です。

どんな偉人だって、アイドルだってやることなんです。

当然、私のブログを読んでいる人だってセックスに興味があったり、
恋愛活動に興味がある人ばかりだと思います。

じゃあ、セックスって何やるの?
と問われたとして、答えは簡単です。

女性を気持ちよくさせ、受け入れ態勢OKにしてから
挿入することによって満足感を与え、自らも満足する。


そういった行為なんだと思います。

やること自体は難しいことではなく、下品な言い方かも
知れませんが、我々が類人猿の頃からやっていることです。

では、なぜセックス教材が存在するのか。

それは、そもそもセックスの正しい流れを知らなかったり、
自分本位な行為ばかりしている人が少なくないからでしょう。

例えば、まだ濡れてもいないのにいきなり挿入しようとしたり、
行為が終わった後ささくさとシャワーを浴びに行ったり。

実は、セックスが原因で嫌われてしまったり
振られてしまったり、2回目がなかったりということは結構あります。

物事には順序があると思うんです。

ウォーミングアップをせずにマラソンのスタートを切る人が
いないのと同じで、まずはキス→愛撫→クンニ→手マン→挿入
いった流れで進んでいくべきなんです。

その中で分からないことがあれば、プロのAV女優やAV男優が
教えてくれる、プライベートSEXのやり方を真似ればいいだけです。

例えば、かすみ果歩のセックス教材の場合は
このあたり徹底的に実技指導をしてくれます。

何の予備知識もないまま自分勝手なセックスをし、
彼女や好きな女性に嫌われてしまっては元も子もありません。

自分だけが気持ち良くなるのではなく相手女性にも
満足をしてもらい心を心を近づけるための行為。

そう思ってもらうといいでしょう。

あのイチローだって、バッティングセンターという教本が
なければ今のイチローはなかったかも知れません。

まずは基本を覚え、応用はそこから。

そういったマインドこそ大事なのです。

の記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部に
IFD注文