『ThreeQuestions 進化型ファイナル完全版』

著者:出水聡
販売責任者:株式会社KABUTO
教材ボリューム:PDF223ページ
価格:12,700円
ジャンル:恋愛テクニック、心理テクニック、会話術
返金保証:あり
評価点:

>>特典付きリンクはこちら

出水聡著・ThreeQuestionsってどんな教材?


恋愛教材のヒットメーカーである株式会社KABUTOが
制作した代表作がこのThreeQuestionsです。

通常の完全版と、実録動画付と実録動画+実録音声付の
3パターンがあるので、どう違うかを理解しておくべき。


まず、今回検証する通常の完全版は、
PDFでテクニックが紹介されているもの。

音声版と動画版は、それぞれそのテクニックを
女性に実践した実録バージョンとなっています。

実際のシチュエーションや、出水さんが女を落としていく過程、
キスしたりホテルへ誘導する動画を見たい場合は実録バージョンを
選ぶべきだと思います。

ちなみに、動画バージョンはこんな感じ。



価格はそれぞれ、こうなっています。

●ThreeQuestions 進化型ファイナル完全版 実録動画+実録音声付(24,700円)
●ThreeQuestions 進化型ファイナル完成版 実録音声付(19,700円)
●ThreeQuestions 進化型ファイナル完成版(12,700円)



で、通常版ですが・・・

詳しくはレビューをご覧ください。

ThreeQuestionsの目次





はじめに P5
Three Questions 実話 その1 P12
Three Questions 実話 その2 P33
女の子との距離を一気に縮める3 つの質問 ~基本編~ P39
~ 中級テクニック ~ P54
~ 上級テクニック ~ P58
~ おまけテクニック ~ P59
~ フォローテクニック ~ P60
~ 強制!?メアドゲットテクニック ~ P62
出会いを作る<サトシ編> P86
出会いを作る<ハスラーKEN 編> P114
2 人デートで利用する場合 ~ 実践編 ~ P161
グループで利用する場合 ~ 実践編2 ~ P176
最後に P183
特別特典 p186

ThreeQuestionsの詳細レビュー


教材は本編が185ページあり、残り48ページが
特典といった形で構成されています。

そして本編ですが、

①Three Questionsを使った実例
②Three Questionsの具体的解説
③3つに恋愛テクニック
④出会い系の攻略法(出水聡編)
⑤婚活パーティーの攻略法(白石謙編)


と4つの内容が収録されています。

Three Questions以外のノウハウも書いてあったのは意外。


出会い系の攻略法とパーティーの攻略法に関しては
ThreeQuestionsと関係ないため、よく言えば
情報が沢山手に入る、悪く言えば抱き合わせ的な印象ですね。

実例では、出水氏が1対1のデートでダイニングバーで
テクニックを実践している時の実録会話と、
合コンでの実録会話が書いてあります。

実録音声・動画バージョンでなくても
イメージをつかむことはできます。

会話を盛り上げるためのコツも書いてあるので、
この辺り女性との会話に慣れていない人はいいでしょう。


そして、Three Questions、「3つの質問」とは何ぞや?
という部分ももちろん解説されています。



このように、単刀直入に書かれています。

単純に質問は3つだけなのですが、
これ、普通は思い付かないでしょう。

意外性があり、ハードな質問と言えます。

過去の体験に立ち返って考えさせ、
本性を暴き出すような質問です。


これにより、女は一気に親近感が湧き、
「この人は私を分かってくれる」と思うでしょう。

これは、自己の体験談からも確信を持って言えます。

私もバーや居酒屋で2、3度使ったことがあるのですが、
それまで盛り上がらなかった会話が急激に盛り上がり、
女からは質問の嵐で食いつきが増したのが感じられました。


具体的に、3つの質問をどういった流れでしていけばいいか、
質問によってどんな効果が得られるかも書いてあります。

ただ3つの質問をすればいいという訳ではなく、
例を出しながら質問していくことが大事。

そして、1つの質問につき答えを1つ出させるのではなく、
複数個出させて会話を広げることもできるのですが、
この辺りは冒頭の実例トークを参考にするといいでしょう。

このテクニックは、できればバーとかで使いたいですね。




そして個人的には、ThreeQuestionsするまでのトークも
盛り上げていた方がより確実だと思います。

質問テクニックを使う段階までのところで、
極力距離を詰めておくようにしたいところ。

これは、スキンシップや恋話とか色々やるといいですね。


その他には、出水聡さんが提唱している
3つの恋愛テクニックも書いてあります。

これは他の教材でも結構触れられているので、
知っている人もいるかも知れませんね。

初対面の女性と短時間で仲良くなるための
トークやリアクションの手法になります。

このトーク術だと、女性と出会う場所を問わず
通用するのではないかと思います。

「この人うざっ」とか思われる可能性の低い
万能型のコミュニケーションと言えます。

ThreeQuestionsに関してはここまで。


あとは、出水聡さんのネットナンパ攻略法と、
白石謙さんのカップリングパーティー攻略法。


ネットナンパ攻略法の方は、写メを上手に撮る方法や
有料の加工ソフトをタダで使う方法が書かれています。

具体的なプロフィール作成法や文例も書かれているんですが、
お薦め出会い系の紹介がなかっのは残念です。

その点では、白石さんのパーティー攻略編では
お薦めのパーティーが記載してあります。

カップリングパーティーは私も参加したことがあり、
最初は1分~3分ずつくらい1人ずつ、全員の女性と
トークをしていくんですが、参加したことがない人は
全体的な流れのイメージがつかみにくいと思います。

私個人としても、プロフィールに何をどう書けばいいか、
回転寿司トークの時に何を話すべきか等参考になりました。


最後に、もう一度ThreeQuestionsについて書いてあります。

2人きりの時や多人数の時のテクニックの使い方、
それからデートの流れに関してです。

どうやってエロスイッチを入れホテルに誘導するかですが、
私にとっては基本的な内容でした。


さて、総評をしたいと思います。

総評


3つの質問を有効活用できれば、
即日ホテルへと誘導することも可能だと思います。

それだけ心理誘導をするには打ってつけの質問ですし、
嫌悪や無関心を除き、男としての興味を多少でも
抱かれているなら、距離を近づけやすいテクニックと言えます。

なぜなら、潜在意識を呼び起こす質問内容だからです。

普通答えたくないような、答えられないような
恥ずかしい話や言いたくない過去の話を
言葉巧みに言わせてしまうのが凄いです。

これがナンパの教材とかだと、まず声を掛けられる、
掛けられないの時点でどうしても差が出てきてしまいます。

その分、誰でも簡単な3つの質問をするだけなので、
再現性も高いと言うことができます。


ただ、魔法のように上手くいくかと言えばそれは違って、
入念な準備がないと失敗する可能性はあります。

質問をする前の前フリトークはできているか
相手が答えやすいように模範解答例を準備しているか
ボディタッチ等でその後の展開へ誘導

これらの行動を伴って初めてThreeQuestionsの威力を
フルに発揮できるのではないかと思います。


決して、質問をしたから女を抱けるというような
魔法のテクニックではありません。

質問⇒女が答える

これを複数回繰り返しうちに、
あなた自身を特別な存在に思わせることができる。

これがこの教材の最大のパワーでしょう。


やり方はすべて教材に書いてあります。

具体的にどんな場所で、どんな流れでこのテクニックを使っているか、
どんな風にホテルへと誘導しているか等を知りたい場合は
上位版である音声付きバージョンや動画セミナー付きバージョン
手にすればいいのだと思います。

私としては、
ThreeQuestions 進化型ファイナル完全版 実録動画+実録音声付
が実録動画とセミナー動画も付いていてお得だと思いますが、

通常版自体も、「評価A」の高評価とします。

レビューは以上です。


最後に、私から特典のお知らせです。

特典の中にはナンパに関するものもあるので、
この機会に活用して頂ければと思います。

Mr.N特別特典



私のサイトから『ThreeQuestions 進化型ファイナル完全版』を
購入された方には、オリジナル特典を差し上げます。

特典の詳細はこちらをご確認ください。

下記リンクから購入されると、特典が自動的に手に入ります。



↑上記リンクからの購入に限り、Mr.K特別特典を差し上げます!

の記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に
IFD注文