『出演作品数900本以上のAV女優浜崎りおが開発した毎回、同じやり方でセックスするだけで女性をイカし、潮を吹かせれるセックステンプレート』

著者:浜崎りお
販売責任者:株式会社ICA
教材ボリューム:2時間36分
形式:動画(PC用・iPhone用)&音声(動画の音声バージョン)
価格:10,800円
ジャンル:セックステクニック
返金保証:あり
評価点:

>>特典付きリンクはこちら

教材の率直な感想


人気AV女優によるセックステクニック動画教材。

これまでAV女優の教材は数多く出てきましたが、
この教材は特筆すべきポイントがあります。

浜崎りお自身が脱いでいるんです。

ファンのみならず必見のポイントで、
彼女の色が強く出た教材と言えます。


一緒に出ている男優との息もぴったりで、
お互いに遠慮している雰囲気はありません。

この手の教材だと、女優が大物の場合は特に、
中途半端だ男優が遠慮してしまいがちで
雰囲気がぎこちなくなっている場合があります。

でも、それが一切ないんです。


セックステクニックを解説するだけでなく自ら実践し、
彼氏彼女という設定で演じている部分もあるので、
単純に映像として見ても面白いです。

彼女自身がはっきりモノを言う性格で、
「こういう行為はあり、こういう行為はNG」というのを
ズバズバ指摘してくれるので、勉強になります。


それでは、内容のレビューをしていきましょう。

詳細レビュー


まずは、ダウンロードページから
各動画がダウンロードできます。




■第1章 セックス前のムード作り(27分21秒)

1つ目の動画ファイルは、ムード作り、ボディタッチ、
ハグ、キスの4点で構成されています。


実演動画を見ながら浜崎りおと
男優さんが解説していく形式です。

バラエティー番組とかでよくあるワイプってやつですね。



浜崎りおの演技がなかなか上手なので、
違和感なく見ていられます。

雰囲気作りやボディタッチにおいて、
女性はどんなことをされると嬉しいか、
女性目線の浜崎りおの解説がいいですね。

ボディタッチでは、●●●や●●ラインを
触ると感じやすいと言っています。


確かにこの部分、浜崎りおは気持ち良さそうに
触られているのですが、一般女性でも感じる人が多い場所です。

そして、キスへと流れていくんですが、
あることを注意すべきと言っています。

キスのバリエーションもいくつか触れられていますが、
ちょっと掘り下げがこのあたり弱かったです。

ソフトキスで数パターン、
ディープキスでも数パターンあるはずです。

そのあたりも解説や実践があればよかったですね。


■第2章 性感帯の探し方(34分32秒)

2つ目の動画ファイルは、「性感帯の探し方」について。

浜崎りおが水着になって登場するのですが、
やはり評判通りと言うかボインです。

男優が羨ましいですね(笑)



映像は、意外な性感帯である●●●を触っているところです。

また、体に触れながら●●●●●●をするのも女を興奮させ、
濡れさせるには効果的とのこと。

胸に関しても、揉みまくる様子がふんだんに
収録されています。

特に、12分10秒くらいから紹介されている
おっぱいのGスポットの紹介部分は必見ですね。



ここは特に感じると語られていますが、
私のセックス経験からもこれは正解だと断言できます。

そして、やはり注目すべきは胸の愛撫。

浜崎りおの巨乳を思う存分揉みまくっていますが、
これもただ揉むだけでなく+αを実践することで
さらに気持ち良くなっているのが凄いです。



胸だけではなく、お尻派の人のためにお尻の愛撫や
スパンキングのテクニックについても解説されています。

では、次の動画にいきましょう。


■第3章 前戯~手マン、Gスポット、●●●●性感帯、潮吹き~(26分55秒)

ここからは、よりディープな愛撫。

セックス前の最終仕上げ段階ですね。


ここで、模型が登場。

Gスポットの場所であったり触り方を解説してくれます。

模型を使った手マン動画

ちなみにこの指の入れ方ですが、NG行為とのこと。

そして、大事なのは●●関節まで入れること。

正しい指の挿入方法は実際の動画で確認してみてください。

Gスポットの場所が分からない人も、刺激の仕方が分からない人も、
分かりやすいように解説がなされています。


そして、圧巻なのが潮吹き。

膣内に指を入れてから、
わずか1分2秒で潮を吹かせています。

潮吹きの動画

この男優自体は無名なのですが、
スキルは本当に大したもんです。

コツとしては、●だけで動かしてはNGで、
●●●を使って動かすことが大事との話です。


ところどころ、「AVのようにやってはいけません」と
言っているのが印象的でした。

あれは所詮ショーであって、実践的ではないというのを
AV女優さん自らが言っているんですね。


■第4章 クンニの極意(1時間8分10秒)

ここまでくれば、セックスに臨むには
十分な知識を得ることができます。

あとは、実践をするだけ。

最後に、第4章「クンニの極意」ですが、
この動画はなんと1時間以上もあります。

ただ確認してみると、実際にはクンニだけでなく、
フェラチオ、挿入シーンまで収録されていました。

お尻を徹底的にクンニをしているのは、
犬が舐めているみたいな構図でいやらしいですね。

クンニの実践動画

クンニをやる時に注意すべきポイントについても教えてくれます。

そして、もっといやらしいのがフェラチオの実践シーン。

浜崎りおのフェラチオですが、プロってます。

フェラチオの実践動画

フェラチオが下手な女性に対しては、この動画を見せれば
一番手っ取り早いんじゃないでしょうか(笑)

色んな体位でフェラチオを実践しているので、
フェラチオ好きな人は繰り返し見るといいでしょう。

もちろん、挿入シーンもあります。

挿入シーンの実践動画

これ、実際に挿入されているのか疑似セックスなのか、
なかなか判断が難しいところですね。

私見では、実際に挿入されているように見えますが・・・。

これは騎乗位ですが、動画では正常位、バック、
騎乗位、即位と主要な体位はすべて実践されています。

では、総括をしていきましょう。

総括レビュー

まず、人気AV女優である浜崎りおが実際に
衣服を脱いで全裸となり、セックスシーンにまで
応じているというのはポイントが高いです。

流れとしては、自身が実践したシーンを交えながら
解説をしていくという類いのもの。

浜崎りおが自身の体験談や性感帯、女の立場での
意見を多く語っているため、こういった教材に
ありがちな言わされている感もほとんどありません。


また、教材全体を通して、“AVを否定”しているのは印象的でした。

AVの真似をしたセックスは間違えている、
ということを語っています。

冒頭でも話した通り男優とのトークや実践シーンでの
絡みも自然で、彼女の人間味が良く出ています。


登場するテクニックや具体的内容はどうでしょうか。

これは、かなりよくまとまっていると思います。

恋人同士になぞらえ、キスから始まり最後は挿入まで
といった流れなのですが、この中で大事な要素は
ほぼ紹介されていると言っていいでしょう。


キス、おっぱいの愛撫、その他体の愛撫、手マン、
潮吹き、フェラチオ、挿入、後戯・・・


すべて収録されています。

先日レビューしたしみけんのセックス教材と比べると、
「セックス前の男を磨くアイテム」等の紹介はないものの、
あちらにはなかったシーンがふんだんにあることが分かります。

はっきり言って特に不満点はありませんが、
Gスポットの刺激の仕方や潮の吹かせ方については、
もう少し突っ込んだ説明があるとよりよかったかも知れません。

具体的に言うと、膣内での指の動かし方について
もっと詳細に実践してくれたらよかったな、と。

そのくらいです。

値段も決して高くないので、
進んでお薦めできる教材です。

完全返金保証付きなので安心ですね。

さて、この教材には特典が付いています。

教材付属の特典


■AV女優浜崎りおの激レアオナニー動画(動画・音声)
■カリスマナンパ師後藤孝規の潮吹きテクニック(音声)
■カリスマナンパ師後藤孝規の早漏男が女性をイカせ、満足させる方法


この3つです。

オナニー動画はこんな感じです。




最後に、私から特典のお知らせです。

特典の中にはセックステクニックに関するものもあるので、
この機会に活用して頂ければと思います。

Mr.N特別特典



私のサイトから教材を購入された方には、
もれなくオリジナル特典を差し上げます。

特典の詳細はこちらをご確認ください。

下記リンクから購入されると、特典が自動的に手に入ります。



↑上記リンクからの購入に限り、Mr.K特別特典を差し上げます!

浜崎りおのセックステクニックのプロモーション映像はこちら




浜崎りおの動画教材のPVをご覧いただけます。

こちらで実際の浜崎りおを映像で見て、
雰囲気をつかんでみてください。

の記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部に
IFD注文