何を隠そう、私自身も元々は恋愛教材コレクターと
言ってもいい人間でした。

恋愛教材を買い続け、読んではまた次、
読んではまた次という流れで。

今、新たな教材が出る度にセールスレターに踊らされ、
「○月○日に販売停止」といった煽りに影響され、
次から次に教材を購入している人もいるかも知れません。

私は、言いたいです。

「実践するつもりがないなら買うな」と。

ノウハウを手に入れても、それを活用しなければ
まさにそれは宝の持ち腐れに過ぎません。

大学受験の赤本を買ったところで、
それを活用し勉強しないと攻略への道は遠のくだけ。

人間は弱い生き物なので、
買った時点である種の満足感を得てしまうのは仕方ありません。

ですが、現状に甘んじないで欲しいんですね。

せっかく買ったんなら、元は取りましょうよと。

1万、2万するマニュアルや動画って、
決して安くはないと思うんです。

会話術の教材を買ったのなら、そこに書いてある
会話のテクニックを使うべきなんです。

使う相手がいないなら、出会いを探しに行くべきなんです。

あとは、やって欲しいことがあります。

それが、サポートの活用。

大抵の恋愛教材には、販売者による
メールサポートや電話サポートが付いています。

これって、結構バカにできません。

経験に基づいてアドバイスをしてくれるだけでなく、
教材には書いてなかった内容を教えてくれたりするんですね。

例えば、

「実際にデートで使った居酒屋でここがよかったですよ」
「実はまだ教えてない、出会えるサイトがありまして・・・」


といった情報が聞けたりするんです。

また、購入者のオフ会がある場合も
参加してみることをお薦めします。

一般的な恋愛マニュアル本にはまず付いていない、
これらの恩恵を受けられるのが恋愛教材というわけです。

恋愛教材を買うだけ買って、何も実践しないまま
ただ時間だけが経過して老けていく。

いつの間にか恋愛に対するモチベーションも
枯渇してしまった・・・なんてことにならないようにしましょう。



の記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部に
IFD注文